ニキビ対策とはどうすればいいの?

ニキビについて

小学生の頃は何も考えていないことが多いのですが、中学生ぐらいになると他の子と比べるようになることがあると思います。

男の子も女の子も異性を意識するようになりおしゃれにも関心を持つようになります。そんな時は自分の容姿についても考えるようになります。しかし、この一番輝かしい青春時代を送っている時に顔にあるものができやすくなるといわれているのです。それはニキビです。

何もせずただ普通に生活をしているだけなのにもかかわらず顔にニキビができてしまうことがあるのです。中学生や高校生ぐらいにたくさんできてしまうニキビのことを思春期ニキビとよびます。それ以降、大人になってからできるものを大人ニキビと呼びます。

大人ニキビと思春期ニキビには違いがあり、まずは原因が違うといわれています。思春期ニキビは顔の皮脂が多いことが原因でニキビができやすくなっているといわれていて、大人ニキビの場合は乾燥やお化粧などの関係でできることが多いといわれています。

どちらもニキビにはかわりないのですが原因が違う事によりなおす方法も変わってくるのです。思春期ニキビの場合は皮脂を少なくすることが大事です。油取り紙で常に皮脂を取ること、そしてアクネ菌と呼ばれるニキビの菌を薬用の洗顔料などで退治することが大切です。

大人の場合は化粧の落とし忘れがないようにすることと保湿をしっかりすることが大事になります。ニキビができてしまった場合は原因を探り、それから治す方法を考えていくようにしましょう。

ニキビができる場所

顔にニキビができてしまうと思春期の頃は恥ずかしくて学校に行きたくなくなったりすることがあると思います。

大人になってからのニキビは悪化させたくないと思いながらも仕事の場合は化粧をしたり外にでたりしなくてはいけないことになります。ニキビと聞くと顔にしかできないと思っている人が多いと思うのですが、実は顔以外にもニキビができる場合が有るのです。顔以外にはどのような場所にできるのでしょうか?

ニキビができる場所は顔以外にも首や胸や背中にできることがあるようです。まずは首にできてしまった場合なのですが、首にニキビができると自律神経が乱れている可能性があるといわれています。リラックスをして体を休めてあげてほしいという合図だとも言われています。

ニキビ対策としてはストレス発散を行うことになります。そして次に胸についてなのですが、こちらもストレスが関係していることがあるようです。他にも女性の場合はブラジャーがあたっていてできたり、汗が流れていく場所なので肌が弱ってしまっていたりすることがあるようです。

対処法としては顔と一緒で化粧水をつけたりビタミンを摂取することが大事だそうです。そして最後に背中についてなのですが、背中にできる原因は胸と一緒で下着があたったりということなのですが、実はシャンプーやボディーソープなどの洗い残しが原因になっている場合があります。

対処法はシャワーでしっかりと洗い落して届く範囲で保湿を行うことです。顔以外にもニキビができますので万が一ニキビができたら前述にある治療法を試してみてください。

ニキビを治す方法

ニキビを治す方法はたくさんあります。ですが、全てのニキビに効果があるものというわけではありません。 思春期の頃にできるニキビを治すのと大人になってからできるニキビを治すのとでは全く違う方法になるのです。では、どのような方法でニキビを治していくのでしょうか?

まず、思春期に頃にできるニキビというのは皮脂が原因になっていることが多いようです。洗顔料はニキビ用の薬用のものを使うのがよいといわれていますが、洗いすぎはダメです。朝と夜だけにしておくぐらいがちょうどいいようですね。

そして大人の場合はというと乾燥してしまうと増えてしまう可能性がありますのでニキビができたら保湿ケアをしっかりと行うことが大事になります。保湿を行う際のポイントなのですが、化粧水では保湿をしっかりと行うことができません。化粧水を使った後に乳液をつけることで肌を保湿することができます。

二つの成分が一緒になっているスキンケア商品もありますので面倒だと思う方は一つになっているものを使えばいいですね。大人の場合は化粧の落とし忘れなどが原因の場合もあります。少しでも肌の調子を整えるためにはしっかりと化粧をおとしてお肌に休息の時間をあげるようにしましょう。

若い頃は治りも早いですが年齢を重ねるごとにお肌も老化していきます。いつまでもきれいな肌でいたいと思う人は多いと思いますので若いうちからニキビ対策の意味も込めてしっかりとスキンケアを行いましょう。